ゆうさの雑記

野球好きが書く ドラクエ10ブログです

魔塔で自分を省みる

最近 毎日のように

 

甲子園を見ていますが

 

高校球児は 死球をぶつけると

 

必ず 帽子を取って

 

頭を下げ その姿は紳士的です

 

元巨人の 岡島選手は

 

前を見ないで投げる

 

余所見スタイルが特徴で

 

当然 ボールもどこへ行くか分からず

 

死球もぶつけてしまうわけで

 

ある試合 阪神金本選手にぶつけてしまい

 

金本選手は 岡島選手に

 

「帽子取れよ!!」

 

と 激怒

 

何故か それに清原選手も便乗し

 

「帽子取って謝れ!!」

 

と 敵味方から謝罪を要求される事態に陥り

 

思わず 岡本社長が頭をよぎり

 

不審感が 不審感でしかなくなり

 

メジャーへ移籍せざるを得なくなります

 

岡島選手の メジャーでの大活躍は

 

金清KKコンビの 恫喝という

 

後押しがあってこそですが

 

私が月1で魔塔へ登るのは

 

f:id:s803040m:20190810142623p:plain

 

岡島選手の投球スタイル同様

 

現実から目を逸らすべく

 

どうでもいいことに身を委ね

 

自身を省みるためです

 

月1ですら 登りながら

 

行く意味あるかな

 

と 自問自答しながら登るわけですが

 

報酬のフェザーチップが

 

f:id:s803040m:20190810142806p:plain

 

倉庫を圧迫し

 

より自分を苦しめるために

 

行っているような気がして

 

交換景品に 何か目ぼしい品はないか

 

f:id:s803040m:20190810142927p:plain

 

探してみるも 代り映えしないラインナップに

 

現実だけでなく

 

ドラクエからも目を逸らしながら

 

魔塔へ登ることにします

 

登っていると 意外と楽しいのですが

 

代り映えしない作りに

 

f:id:s803040m:20190810143131p:plain

 

自然と 睡魔に襲われ

 

登るか 電源を叩き切るか

 

決断を迫られ

 

自然と 記者会見を開くかどうかで

 

決断を迫られ

 

かつて例を見ない

 

5時間超のグダグダ会見を開かざるを得なかった

 

岡本社長の会見を ノーカットで見ながら

 

登らざるを得ません

 

ところで 最近は良いアクセが

 

f:id:s803040m:20190810143341p:plain

 

全く出なくなり

 

苦労して手に入れても

 

下柳選手のグラブ同様

 

泣く泣く投げ捨てざるをなく

 

高校時代の心を 忘れてしまいます

 

結論

 

なぜ魔塔に登るのか

 

と問われると

 

みのもんたに聞いてくれ

 

と答えざるを得ません