ゆうさの雑記

野球好きが書く ドラクエ10ブログです

納得のいかない仕様

何事も 時代は移り変わります

 

私が子供の頃は 150km投げる投手は

 

あまりいなかったのですが

 

最近では 特に珍しくもなく

 

160km投げる投手も 散見されます

 

この スピードアップのご時世に倣い

 

原付で 70kmで疾走するのも

 

自然の摂理と言えるわけですが

 

白バイに止められ 終いには

 

違反者講習開催のお知らせが

 

届いてしまいます

 

アストルティアでも

 

ときおり 時代の移り変わりを感じます

 

私は最近 ストーリーを進めるべく

 

フィールドを駆け回っておりますが

 

f:id:s803040m:20191105223257p:plain

 

昔は 葉っぱも貴重だったため

 

フィールドの至る所に

 

冒険者の亡骸が 転がっていました

 

僧侶出身の私は その亡骸に向かって

 

ザオを唱えるわけですが 甦ったその冒険者

 

何も言わず そのまま走って行き

 

走り去る背中を見つめがら

 

ふと 人を癒すことに疲れた私は

 

スティックを 斧に持ち替え

 

敵を斬り倒す快感に憑りつかれ

 

今に至ります

 

また 以前は

 

フィールドにいる敵が 不自然に強く

 

こちらはカンストしているにも関わらず

 

ワンパンで殺されるという 鬼仕様で

 

つい先ほど 死闘を演じて

 

ようやく倒すことの出来たボスの存在意義を見出せず

 

納得のいかなかった私は

 

運営様に問い合わせたところ

 

「仕様です」

 

という 模範解答を頂き

 

仕様とは何ぞや

 

という 答えなき答えを求め

 

アストルティアを 彷徨っています

 

結論

 

仕様とは 便利な言葉ですが

 

仕事でお客様に使うと

 

高確率でキレられます